市川学園第2幼稚園

市川市 | 幼稚園 | 学校法人市川学園 市川学園第2幼稚園

園の特色
  • めんたるぷれい

    考え、工夫する力を育てようという働きかけのひとつとして、「めんたるぷれい」を取り入れています。 アメリカのギルフォード博士の「知能構造論」に基づき編集された教材を使い、手先を使い、作ったり、考えたり、工夫することを通して、十分に大脳を刺激し、自然に考える力や態度が養われ、思考力、想像力が伸ばされていきます。

    「めんたるぷれい」は、決して無理に知識を詰め込むのではなく、子どもが主体的に一つひとつの体験をすることにより、「自分で考え、自分で判断し、自分でできる」力を育み、子ども自らがのびていく「あそび」です。

  • あいさつ・返事・履物を揃える・立腰(態度教育)

    ~ 何をするにしても全ての基本は「あいさつ」から ~
    相手に心を向ける信頼の第一歩は「あいさつ」からという考えのもと、まずは朝、門の前で 元気よく相手の目を見て「あいさつ」ができるようになることから取り組んでいます。

    ~ 「返事ができる」ということは、「心のコップを上に向ける」こと ~
    返事は人を大切にする、人を尊敬する第一歩になります。相手の目を見てきちんと返事が できるようになるよう取り組んでいます。

    ~ 「履物を揃える」ということは、「心と物のけじめをつける」こと。そして「次への準備」につなげること ~
    まずは幼稚園で、きちんと履物を揃えることを繰り返し伝えています。そして、できた時にはしっかりほめてあげることを大切にしています。 

    ~ 立腰(姿勢を正す・腰骨を立てる) ~
    【動】を生かすには【静】を身につけることが大切です。
    正しい姿勢を保つには自分の心と体をコントロールしなければなりません。
    幼稚園では、継続的に立腰にも取り組んでいます。
    朝の会や心を落ち着かせて次の活動に向かうときなど、年少さんは、少しの時間から始め3年間継続することにより習慣となるよう取り組んでいます。

  • 自然あそび

    第2幼稚園では、NPO法人生態教育センターさんにご協力いただき、隣接する附属中高のグラウンドの一角にある「自然の森」で四季折々の「自然あそび」を行っています。
    五感を使った四季折々の「自然あそび」を通して、自然と触れあうことの大切さを教えています。
    また、年に1度「親子特別企画」を実施しており、親子で触れあえる自然イベントも実施しております。
    (2018年度水元公園、2019年度谷津干潟で実施)

    【春】
    「自然の森」では、木々の葉が芽吹き、初夏の青空に映える季節となります。 足元では春の植物が色とりどりのお花を咲かせ、テントウムシなど春の虫たちもたくさん動き始めます。 そんな春の自然を、五感をつかった活動や工作を通して体感します。

    【夏】
    木々の葉や足元の草花が生い茂り、生きものたちでにぎやかな季節となります。 「自然の森」にはどんな生きものがいるかみんなで探してみましょう。 また年長さんは園庭周辺に蝶を呼ぶための環境づくりを行い、園全体での日常的な観察へとつなげていきます。

    【秋】
    「自然の森」の木々の葉が色づきはじめる季節になります。 どんぐりなどの木の実を探したり、拾った木の実で色々な遊びを楽しみましょう。 また冬の間の虫たちのすみか(エコスタック)を作り、冬の自然体験へとつなげていきます。

    【冬】
    降り積もった落ち葉を集め、体を使って遊び、寒さを吹き飛ばしましょう! 秋につくった小枝のエコスタック(生きもののすみか)には生きものはやってきたでしょうか? 観察してみましょう。また、冬の間の小鳥のための水飲み場づくりも行います。

    【親子特別企画(2019年度)】
    東京湾奥の埋立地にぽっかりと残った“谷津干潟”。 40haほどの小さな干潟ですが、東京湾とつながっており、カニや貝、魚や水鳥などたくさんの生きものに 出会える場所です。普段は入れない干潟に入り、親子で生きもの探しやふれあいを楽しみましょう。

  • 英会話(課内・課外)

    年少、年中、年長すべてのクラスでネイティブ講師(シャディ先生)による英会話のレッスンを週1回おこなっています。
    歌やゲーム、カードなどを使って楽しみながら「あいさつ」や「お天気」「動物の名前」などの簡単な単語から学んでいます。
    また、シャディ先生にはレッスン後も子ども達と一緒に遊んだり、昼食を共に取ってもらうなど、気軽に一日触れ合ってもらっています。
    また、年中・年長及び卒園生(小学1年生)を対象に希望者には、課外教室も実施しています。

  • 体操教室(課内・課外)

    毎週金曜日に、外部講師の指導により、通常の保育時間内に全クラス週1回体操教室を実施しております。(体操、縄とび、鉄棒、跳び箱、プール指導 等)
    また、在園児の希望者を対象に課外・体操教室(年少~年長)を実施しております。

保育内容について
保育目標にあげられている4つの項目を柱において、健康(運動・衛生・基本的生活習慣に関すること)を守るための活動、社会性を育てるための人と人との交わり、様々な表現活動(言語・音楽表現・製作・絵画)、探求する喜びを知る活動(自然に触れ、科学を楽しむ、発見する、美しい物に触れる、感じる)を毎日の保育の中でとりいれていかれるよう保育計画を立てています。
時には、保育者側から働きかけ、また時には、子ども達からの自発的な活動をさらに発展させていき、子ども達の好奇心や学び取っていく力を大切にしていきたいと考えています。
  • 恵まれた戸外遊びの環境

    幼稚園の目の前は広々とした、市川学園のグラウンドが広がっています。人工芝の上では、雨上がりの日も風の強い日も心地よく遊ぶことができます。
    転んでも怪我をしにくく安心してのびのびと走り回れます。(運動会もこのグラウンドで行ないます。)また自然芝や木々が茂る反対側では、木の実や落ち葉を拾ったり、虫探し、花摘みなど子ども達が大好きな場所です。
    グラウンドの一角には、「自然の森」があり、専門の講師の先生による四季折々の「自然あそび」を行っています。 また、グラウンド内の専門の畑では、年長さんが野菜を育て収穫し、みんなで楽しみながら食べる「食育」にも取り組んでいます。

    園庭では、固定遊具や、三輪車、スクーター、砂遊びなど遊具を使って楽しく遊んでいます。

  • クラス制と異年齢の子供たちとの交わり

    子どもたちは、年齢別に年少、年中、年長の3学年にわかれてのクラス編成になっています。日々の保育は、基本的にクラス単位で2名の先生がつきます。
    また、折々に、異年齢同士の交わりの時を持ち、一緒に手をつないで散歩に行ったり、ごっこ遊びを楽しんだり、園生活の中で年長さんがリーダー的役割になって活動を盛り上げたり、年少さんを助けるなどの機会をもち、より豊かな感性や、思いやりの心が育つような保育を心がけています。

  • 絵本の読み聞かせ

    毎日、降園前には、必ず紙芝居や絵本の読み聞かせをしています。幼児期の間にたくさんの優れた絵本や、童話に触れ、子ども達に豊かな心を育んで行きたいと思います。